放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

でんでん虫つうしんNo4

でんでん虫つうしんNo4が出来上がりました!
今回は体への放射能の影響を減らす食べ物、控えたい食べ物など、
一番気になる「食」の情報をまとめてくれています。


でんでん虫つうしんNo4 オモテ
でんでん虫つうしんNo4 ウラ

また、作者のあまぐりさんは先日結成された「子どもたちの未来と被ばくを考える会」でこのように気持ちを語っておられました。

こんにちは。私は1才の娘の母親です。
原発事故があった当初は、放射能の影響についてよく分かりませんでした。
講演会に参加したり、和歌山に避難してきたお母さんたちと話をするうち、
放射能の怖さを知っていきました。
そして、テレビや新聞などで知る情報がすべてではない事、ときには真実でない報道を
する事も知りました。

 がれき受け入れについては、最初は、被災地のためになればという気持ちもありました。
環境省のHPを見たり、専門家の意見を聞いたり、たくさん勉強した結果、
このままでは子どもたちを被ばくさせてしまう、と思うようになりました。
すでに動いている方々に教わりながら、市長宛に要望書を書いたりもしました。
そんな中で、普通のお母さんでも、力を合わせて声を上げていかなければならない状況なんだ、
と思うようになりました。

 原発、瓦礫、放射能の問題など、みなさん立場も違えば、考え方も様々あると思います。
でも、「子どもたちを被ばくから守りたい」、そんな共通の思いを持ち、知恵を出し合うことで、
この困難な状況を変えていくことができる、と信じています。 

 私は、数年後あるいは数十年後、子どもたちが放射能の影響で苦しんでいる姿も、
そして苦しんでいる子どもの親たちが泣いている姿も、決して見たくはありません。

 今いる子どもたちと、これから生まれてくる子どもたちが、健康に笑って過ごせるよう共に学び、
共に行動していく仲間になっていただければ嬉しいです。


あまぐりさんのブログ あまぐりのさくぶん




[ 2012/04/22 06:27 ] 手作りチラシ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。