放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

放射線量の測定開始 和歌山市

全国に放射能汚染への不安が広がっていることを受け、 和歌山市は11日、
大気中の放射線量の測定を開始した。
毎月2回、 市内5カ所で行い、 結果はホームページで公表する。
併せて青岸清掃センター(同市湊)の焼却灰の放射能濃度測定も今月から実施する。
市町村独自の測定は、 県内では新宮市に続き2例目。

 市環境政策課によると、 昨年12月の市議会で市独自の測定を行うよう要望があり、
放射能による問題が発生した場合に比較するデータが必要となるなどの観点から、
実施の準備を進めてきた。

 大気中の放射線量測定は、 市内中心部と東西南北に当たる加太小学校、 市立和歌山高校、
中之島小、 小倉小、 明和中の各付近で実施。 地表1㍍に設置の計測機器で30秒間の測定を
5回行った平均値を測定値とする。

 市内では県環境衛生研究センター(同市砂山南)が文部科学省の委託で常時測定をしており、
今後は市内6カ所の測定データが蓄積されることになる。

 青岸清掃センターは2月市議会での決議を受け、
今後、東日本大震災の被災がれきを焼却する可能性がある。


測定対象は焼却灰、 飛灰、 固化灰で、 表面放射線量の測定を月1回、
ゲルマニウム半導体検出器によるヨウ素131、 セシウム134、 137の
放射能濃度測定を年4回実施する。

 11日、 市職員2人が初の大気中線量の測定を行った。 最初の計測地点となった
明和中(同市紀三井寺)付近は毎時0・08マイクロシーベルトで、(※事故前の和歌山の放射線量は0.03マイクロシーベルト)
一般的に市内で想定される問題のない数値だった。

参照:和歌山新報 4月11日http://www.wakayamashimpo.co.jp/2012/04/20120411_11626.html
(赤字・※・下線は独自に装飾しています)




4月11日測定結果
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/touhoku_shinsai/hosyasensokutei/kekka.pdf

測定結果の表に、人工放射能と自然放射能が並べられてあり、
「自然界にも放射能は存在するので心配ない」
と受け取ってしまう方もいるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?

※人工放射能と自然放射能の違い

【人工放射線】
 最大の問題は、それを放射する元素が『体内に濃縮・蓄積する』こと。
つまり、これは『内部被ばく』において非常に重大な問題。

【自然放射線】も放射線としての性質(α線、β線、γ線)は【人工放射線】と変わりはないが、
人類は進化の過程で長い年月【自然放射線】と付き合ってきているので、
『内部被ばく』を受ける前にその元素を自然と体外へ排出させてしまうことができるようです。
しかし【人工放射線】は、ここ数十年で初めて人類が遭遇した元素のため、
自然に体外へ排出する作用が働かず、逆に「カルシウム」などと似ている元素の場合は、
間違えて体内に濃縮・蓄積させてしまうこともあります。


引用http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51734066.html


自然放射能と人工放射能を比べて「安心・安全」と言葉を羅列する事には
違和感を覚えます。


[ 2012/04/16 10:16 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。