放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関西広域連合・和歌山県へ瓦礫受け入れについて問合せ

2月15日  関西広域連合に瓦礫の受け入れについて問合せ

年度内(3月末頃)に広域連合で独自の基準を制定。
その後受入の可否は各市町村へ任させる。もちろん拒否は可能。
今のところ明確に拒否の意向を出している府県はない。(受入明確は大阪市のみ)
大阪の受入に関して連合の他の知事の意見は様々。


●大阪の受入は大阪だけの問題ではない。基準値に安全などない。
瓦礫の一部分だけを測定して平均化して下げた値にはなんの意味もない。
「絶対安全」な原発が事故を起こした事が今の現状。安全とは何? と伝える。
反対意見も「まぁ」届いてはいるとの事。


受け入れ表明は現段階では大阪市のみですが「受け入れ拒否を明確にしている府県はありません」




2月15日  和歌山県に問い合わせ(上記関西広域連合の内容を確認)

和歌山県としてはこう域連合で独自の基準値が制定されても今までの姿勢http://savealivingthingffor.blog.fc2.com/blog-entry-34.html#comment4
を変えるつもりはない。
[ 2012/02/19 08:46 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。