放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

汚染瓦礫受け入れに対する回答書 和歌山県

1月12日に和歌山県より正式な文書番号入り、押印済みの回答書を頂きました。






以下転載


放射能瓦礫受け入れ問題について


東日本大震災に伴う瓦礫の広域処理に関し、国は、災害廃棄物の焼却により発生する焼却灰の放射性セシウム濃度が
8000ベクレル/kg以下であれば安全であるとしていますが、国民が理解できる説明ではないと考えます。
このため県から国に対し、国民が理解できる形の説明を積極的に行うべきですが、県民の方々の健康と安全を守ることは、当然、優先すべき事です。
現時点においては、国から十分な安全性が示されていないため、瓦礫の受け入れ可否について判断できる状況にないと考えています。










私の知る限り、震災瓦礫に放射能汚染がある事が判明した時点からこの姿勢は変わっていなません。
(11月の申し入れの際も、その後の電話、メールの問い合わせにも全く同じ返答です)

ただし正式に受け入れ拒否を発表したわけではありません




大阪の瓦礫受け入れ問題、関西広域連合も含めてこれからも放射能の危険を声を上げていく必要はあると思っています。



[ 2012/01/26 18:02 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(1)
今一番の懸案は大阪が瓦礫受け入れを表明していることです。大阪で燃やされたら近畿が関東のようになってしまします。セシウムの沸点は約600度ですもんね。マスクでは防げなくなります。これからも大阪にせっせと電話します
[ 2012/02/01 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。