放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2/19「食品摂取による内部被曝について考える」シンポジウム

2月19日(火) 和歌山弁護士会主催   
      「食品摂取による内部被曝について考える」  
   シンポジウムが開催されます。


チラシ
   

…チラシより…

食品摂取による内部被曝について考える

 福島第一原子力発電所の事故により、大量の放射性ヨウ素、放射性セシウムなどの放射性物質が放出され、土壌、河川、海洋が放射性物質に汚染された結果、基準値を超える食品が流通するという事態も生じました。

 低線量被曝での健康影響は、科学者の中でも意見がわかれていますが、その危険性は無視できません。現在の食品中の放射性セシウムの基準値は本当に妥当なものなのか、食品の検査体制はどのようにしていくべきか、過度の不安や心配をしないためにどのような社会を築いていくべきか等、食品摂取による内部被曝に関する問題点を考えることにしました。

と き 2013年(平成25年)2月19日(火)

    開場:午後5時30分

    開演:午後6時

ところ 和歌山ビッグ愛(和歌山市手平二丁目1-2)

    6階 会議室(602号、603号)

●入場無料

●予約不要

基調講演「食品摂取による内部被曝のしくみ」

 講師 岩本智之(いわもと・さとし)氏(元京都大学原子炉実験所教員)

パネルディスカッション「基準値及び検査の問題点」

 パネラー

 岩本智之(いわもと・さとし)氏(元京都大学原子炉実験所教員)

 金田直樹(かねだ・なおき)氏(消費者庁消費者安全課企画官)

 石川直基(いしかわ・なおき)氏(日弁連消費者問題対策委員会委員、大阪弁護士会所属弁護士)

 湯浅友美(ゆあさ・ともみ)(放射能から命を守りたい集いin和歌山代表)

 コーディネーター 西 直哉(にし・なおや)氏(和歌山弁護士会 公害対策・環境保全委員会委員長)  

主 催 和歌山弁護士会(担当:公害対策・環境保全委員会)

お問い合わせ TEL.073-422-4580



…チラシ引用おわり…





食に関する問題、内部被ばくの問題、私たちが生活する中で大変重要で命に直結する問題です。
今回このシンポジウム「食品摂取により内部被曝について考える」では、基準値を制定した国の立場の方、原発問題に長年精通していらっしゃる方、消費者問題に関わってこられた方等、様々な立場の方が、そして僭越ながら私も一般市民として発言する場を頂きましたので、日々感じている事を率直に、多方面から議論する有意義な場としたいと思っています。
一人でも多くの皆さまのにご参加頂けますようご案内いたします。

各パネラーにつきまして詳しくはコチラでも紹介して下さっています。
金原先生のブログ
http://kimbara.hatenablog.com/entry/2013/01/18/232603


[ 2013/01/20 17:30 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。