放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪試験焼却前後の土壌を測定しませんか?

大阪市試験焼却前の土壌を測定、比較しませんか?

橋下大阪市長は大阪市で放射能に汚染された瓦礫を焼却しようとしています。

ーーーーー
がれきを積んだ貨物船が22日朝、同市此花区の埋め立て地・夢洲(ゆめしま)の岸壁に到着した。月内に試験焼却して放射線量を測定し、安全性が確認されれば来年2月にも本格受け入れを始める。

 木くずなど約100トンをコンテナ10基に密封し、岩手県宮古市から5日かけて運搬。放射線量を計測した後、クレーンで次々に船から下ろされた。

 24日以降に市舞洲(まいしま)工場で焼却し、放射性セシウムなどの濃度を測定する。来年度までに約3万6000トンを処理し、夢洲地区内に埋め立てる予定。

ーーーーー

焼却は24日以降とされています。
此花区の焼却場から和歌山までは最短直線距離40km足らずです。

どれだけの影響があるかは分かりませんが、半径200km以内は警戒が必要とも言われています。


すぐに測定に出せなくても構いません。
とにかく、焼却前の時点での土を採っておきませんか?2000mlあれば測定できるようです。

焼却前後の数値をまとめて公表したいと考えております。

測定にかかる費用などは各自でご負担頂きますようお願いいたします。

ご協力頂ける方、採取場所、測定結果などトップ画面右側のメールフォーム、もしくは savealivingthing@gmaii.com までお知らせ下さい。


● 検査機関は 理研分析センターで統一したいと思います。

  ゲルマニウム半導体γ線スペクトロメトリーによる
  ヨウ素-131、セシウム-134及びセシウム-137などの低濃度放射能分析

  試料体積:2000ml(比重1前後)の場合
    1.0 Bq/kg 以下         15,000円

尚、検査についての問い合わせ等は各自にてお願い致します。

理研分析センター
http://riken-ac.com/products_10.html


和歌山以外の府県の御協力もぜひよろしくお願い致します。
[ 2012/11/23 12:07 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。