放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和歌山県に要望、書面回答

8月20日、和歌山県知事宛てに震災がれき受け入れに関する要望書を提出しました。

要望書はこちら
http://savealivingthing.up.seesaa.net/image/E5928CE6AD8CE5B1B1E79C8CE79FA5E4BA8BE794B3E38197E585A5E3828CE69BB8.pdf

秘書課内の奥の部屋で循環型社会推進課の課長、福課長、秘書課の方々と話し合いました。

結論から言うと、先日からの環境省の発表に乗っ取り、和歌山県でも受け入れの検討を積極的に行う事はないとの事です。
でも公に「がれき受け入れの検討を打ち切る」という発表をする事もないと。

そもそもご存知の通り広域処理の決定権を持つのは市町村であるため、県としては今まで受け入れるか否かの検討をした事がない、国から県に通達があるため、それを市町村に送る窓口業務をしているだけ、市町村に向けて「積極的に検討せよ」などというような事も一切言った事はない、とにかく窓口業務をしているだけ、との事。



その中でも重要な二点
ガレキの受け入れ決定には知事同士の協定は必要ない。
広域処理は被災県と受け入れ市町村のやりとりで行える。
すなわち、知事が協定を結ばなくても受け入れ市町村の独断で実行可能。

●産業廃棄物としての受け入れについて
県外からの産廃廃棄物の受け入れは保健所の許可がいる。
許可されているものは
1 県内の産廃業者が他府県で業務を行い発生した廃棄物(主に建材)
2 リサイクル、再利用目的の廃棄物
の二点。今までは放射能汚染のある廃棄物は持ち込まれていない。
そもそもそのようなものが持ち込まれる事など想定していない。


ただし、和歌山市は中核都市なので例外。
許可なく持ち込み可
これは「産業廃棄物」に限り、セメントや肥料など企業の「商品」まで県は把握できない。

↑この産廃の要綱については書面の写しは入手済

廃棄物処理法にリサイクルを持ち込む→抜け穴だらけに…循環型社会形成推進基本法によると【放射性物質に汚染された物は除く】と明記されています。現行法令では1ベクレルでも放射能を含む瓦礫は廃棄物とみなされません



そしてこの要望書に対し8月30日、書面にて回答がありました。

---------------------

和歌山県回答(表)
和歌山県回答(裏)

----------------------------------

「今後、国から本県に対し、災害廃棄物の広域処理が要請されることは無いと考えています」
「本県から国に対し、広域処理計画の中止や新たな対策を求めることは考えていません。」

との事。

和歌山県下でのがれき受け入れは無くなった、との事ですが、住民への健康被害や自然環境に与える影響を危惧して自発的に受け入れ中止を明言した、という状況には程遠いと思われます。

「震災がれき」ではなく形を変えたリサイクル目的の廃棄物やエコセメントなどの動きにもしっかり注意を払う必要があると感じています。
(実際にがれきは受け入れていなくても放射性物質のマークのついたトラックが町を走っているところが他府県では目撃されています。いったい何をどこに運んでいるのでしょうか)

最後になりましたが、今回の要望に関しご協力を頂いた多くの皆さま、本当にありがとうございました。




[ 2012/09/03 01:28 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。