放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

県内産食品の放射性物質検査

和歌山県が実施している県内産食品の放射性物質の検査結果がコチラから見れます。

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031600/consumer/kensa/H24houshaseibussitu.html


検査機関:和歌山県環境衛生研究センター
検査項目:放射性セシウム(Cs134+Cs137)
検査方法:平成24年3月15日付け食安発0315第4号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知
        「食品中の放射性物質の試験法について」で定める方法
基準値: 100ベクレル/Kg以下

検出限界 20ベクレル/Kg

食品名、産地または製造所等の所在地、検査結果が公開されています。


最新のものでは海南市、紀の川市、かつらぎ町の桃、有田川町、由良町のトマト、太地町、串本町での加工品(麺)など合計28検体、全てND(未検出)のようです。

ですがここでいうNDとは「放射性物質が全く含まれていない」という意味ではなく、「1kgあたり20ベクレル未満でした」という意味です。19.9ベクレル含まれていても、ND(未検出)となってしまいます。


下の表にもあるように、震災前は 精米0.024bq/kg 根菜類0.16bq/kg 魚0.11bq/kg というような数値だったのです。
それが今では100bq/kg未満のものは「安全」という事で普通に日常に出回っています。

県に対し、より低い独自の検出限界値の設定を訴えていく必要性を感じます。

実測データ

第40回環境放射能調査研究 成果論文抄録集(平成9年度)


 同測定所での和歌山市が独自に測定している食品の検出限界値は、乳幼児食品、牛乳 10Bq/kg 飲料水 2Bq/kg 

和歌山市HPより--------「和歌山市では、福島第一原発事故に伴う食品の放射性物質汚染の問題に関して、食の安全・安心の確保を図るために、市内を流通する食品を対象に、放射性物質(セシウム134およびセシウム137)の検査を実施していきます。」和歌山市内に流通する食品中の放射性物質の検査結果,検出限界値について

[ 2012/08/28 16:50 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。