放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和歌山県産業廃棄物中間処理業・最終処分業許可業者分布MAP

先日、「放射性物質汚染対処特措法施行規則の一部を改正する省令」変更が施行されたことを受け、
和歌山県内には一体どれだけの産廃処理施設があるのか調べて
和歌山県の産業廃棄物中間処理業・最終処分業許可業者分布MAPを作成しました。

↓「放射性物質汚染対処特措法施行規則の一部を改正する省令」変更 についての記事↓

4月9日締め切りでパブリックコメントを募っていた「放射性物質汚染対処特措法施行規則の一部を改正する省令」の変更が13日施行されました。警戒区域内の8000ベクレル/kg未満の産廃については国・東電の管理責任ではなくなりました。8,000Bq/kg以下の廃棄物は既存の焼却施設で安全に「焼却」処理する事ができるようになりました。
「放射性物質汚染対処特措法施行規則の一部を改正する省令」変更が施行される




↓コチラ↓
和歌山県産業廃棄物中間処理業・最終処分業許可業者分布MAP


●資料PDF中のURLからリンク先に飛べます

この分布図を見ると海沿いに沿岸を囲むように多くあることがわかります。
また、業者の本体は他府県にあり、処理場が和歌山あるという場合もあります。
仮に和歌山県内へのがれきの流通を防げたとしても、そういった他府県のルーツからの搬入もあり得うのではないでしょうか。


この資料はご自由にお使いいただいて構いません。
お役立て頂ければ光栄です。




参考資料
[産業廃棄物中間処理業・最終処分業許可業者名簿]
googleMAPでの詳細
業者名・中間処理業許可品目等の詳細
スポンサーサイト
[ 2012/04/24 08:17 ] 手作りチラシ | TB(0) | CM(2)

でんでん虫つうしんNo4

でんでん虫つうしんNo4が出来上がりました!
今回は体への放射能の影響を減らす食べ物、控えたい食べ物など、
一番気になる「食」の情報をまとめてくれています。


でんでん虫つうしんNo4 オモテ
でんでん虫つうしんNo4 ウラ

また、作者のあまぐりさんは先日結成された「子どもたちの未来と被ばくを考える会」でこのように気持ちを語っておられました。

こんにちは。私は1才の娘の母親です。
原発事故があった当初は、放射能の影響についてよく分かりませんでした。
講演会に参加したり、和歌山に避難してきたお母さんたちと話をするうち、
放射能の怖さを知っていきました。
そして、テレビや新聞などで知る情報がすべてではない事、ときには真実でない報道を
する事も知りました。

 がれき受け入れについては、最初は、被災地のためになればという気持ちもありました。
環境省のHPを見たり、専門家の意見を聞いたり、たくさん勉強した結果、
このままでは子どもたちを被ばくさせてしまう、と思うようになりました。
すでに動いている方々に教わりながら、市長宛に要望書を書いたりもしました。
そんな中で、普通のお母さんでも、力を合わせて声を上げていかなければならない状況なんだ、
と思うようになりました。

 原発、瓦礫、放射能の問題など、みなさん立場も違えば、考え方も様々あると思います。
でも、「子どもたちを被ばくから守りたい」、そんな共通の思いを持ち、知恵を出し合うことで、
この困難な状況を変えていくことができる、と信じています。 

 私は、数年後あるいは数十年後、子どもたちが放射能の影響で苦しんでいる姿も、
そして苦しんでいる子どもの親たちが泣いている姿も、決して見たくはありません。

 今いる子どもたちと、これから生まれてくる子どもたちが、健康に笑って過ごせるよう共に学び、
共に行動していく仲間になっていただければ嬉しいです。


あまぐりさんのブログ あまぐりのさくぶん




[ 2012/04/22 06:27 ] 手作りチラシ | TB(0) | CM(0)

岩手県宮古市のがれき焼却試験、最大で3150 ベクレルを記録!

和歌山市ががれきを受け入れる場合、岩手県のがれきを受け入れる事になります。
今回明らかになったこの数値は決して汚染の少ないものではありません。
このような物を拡散、ましてや焼却など、決して安全なものではありません。
焼却灰にこれだけの濃度が出て、大気中には一体どれだけの放射性物質が拡散されたのでしょうか。


元URL:http://www.otonano-kaisha.com/news_NDmiTQY1e.html

■全国に放射能がれき拡散中
中東日本大震災のがれき受入れを検討している群馬県吾妻郡は吾妻東部衛生センターで
受け入れに向け焼却試験を実施中である。

この焼却試験において、2012年4月12日に飛灰から
1キログラム当たり3150ベクレルの放射性セシウムが検出された。
a1137ff3f66347f9bb907ab4830ef39d.jpg


国の埋め立て基準値である同8000ベクレルを下回るとはいえ、
低いといいきれる値ではない。

これだけの放射性セシウムが含まれた焼却灰が今後も大量に生産され、埋め立てが行われるということである。


■東京都のがれき焼却灰は2000ベクレル超
焼却灰は当然、法に従って処分される。8000ベクレル以下であれば埋め立て可能である。

しかし、放射性セシウムの濃度が薄いといっても大量のがれきが搬入されれば、
焼却灰も大量に生産される。

受入れを開始している東京都の新江東清掃工場では、3月19日から3月31日まで
処理を行った「がれき」の飛灰から1キロ当たり2166ベクレルの放射性セシウムが検出されている
ことを4月9日に公表している。


d6b528c3ec67bd3c6a54fd5c1a0d533e.jpg


8000ベクレルに満たないので、制度上は埋め立てても問題はない。
しかし、その量が膨大であるとき、何か問題はないのであろうか。

この8000ベクレルという基準値についても、埋め立て作業を行う
作業員への被ばく量を考え設定されたものだという意見もある。

焼却灰の埋め立て地が浸水し、その水によって基準値を超える放射性セシウムに
濃縮される可能性を指摘している環境問題シンクタンクもある。

焼却灰が基準値以下とはいえ、数千ベクレルである。

このような放射性セシウムを全国に拡散させることが本当に正しいことであったのか、
今でも批判の声は大きい。

【naka773】


放射性物質濃度分析結果 - agatsumatoubueiseisenta ページ!
http://www.agatsumatoubueiseisenta.jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E6%BF%83%E5%BA%A6%E5%88%86%E6%9E%90%E7%B5%90%E6%9E%9C/

新江東清掃工場での災害廃棄物受入れに伴う放射能濃度等測定結果について
http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/kanri/haiki/kumiai/oshirase/syoukyakusokutei/documents/shinkoutou0409.pdf

朝日新聞デジタル:がれき広域処理 妥当性に疑問呈す-マイタウン
http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001204160006
[ 2012/04/16 20:57 ] ニュース記事 | TB(0) | CM(2)

「放射性物質汚染対処特措法施行規則の一部を改正する省令」変更が施行される

4月9日締め切りでパブリックコメントを募っていた「放射性物質汚染対処特措法施行規則の一部を改正する省令」の変更が13日施行されました。

警戒区域内の8000ベクレル/kg未満の産廃については
国・東電の管理責任ではなくなりました。
8,000Bq/kg以下の廃棄物は既存の焼却施設で安全に「焼却」処理する事ができるようになりました。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15114

集まったパブコメ5273通
<主な意見> ・持ち出し処理 反対2041件 ・東電又は国が処分すべき1041件
パブリックコメント結果概要
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=19740&hou_id=15114


通常パブコメというのは募集期間は30日間、集約数も殆どはゼロか2〜3件。
組織票が来る様な案件でも100〜200件の場合がほとんどだとか。
それがたった7日間の募集期間ということや、内容を考えると5000通というのは決して無視できるものではないと思います。
そして今回異例だったのは、パブコメ自身の期間が短かったことに加え、パブコメ終了から成案の公表まで一週間という短期間であったこと。
5000以上ものパブコメがありながら、そこまで急がなければならない理由があるのでしょうか?

昨年、何度も環境省に電話で問い合わせた際、
「福島のがれきは汚染がひどいので広域処理の対象にはなりません。
法律で福島からは持ち出せません」

と何度も何度も聞きました。
何度も何度も確認しました。

その汚染のひどい瓦礫が何の許可もいらずに一般の産業廃棄物として全国で処理されてしまうのです。

本当に恐ろしい事です。
住民はもちろん、作業にあたる方たちはおそらく特別な装備などもなく処理にあたるのでしょう。
瓦礫は放射能だけではなく、アスベストやヒ素、PCBなどの有害物質にも汚染されています。
多くの薬品工場なども津波被害にあいました。

今、この国の子どもたち、自分たちを守るために何をすべきなのか、本当に考えさせられます。




[ 2012/04/16 18:41 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(0)

放射線量の測定開始 和歌山市

全国に放射能汚染への不安が広がっていることを受け、 和歌山市は11日、
大気中の放射線量の測定を開始した。
毎月2回、 市内5カ所で行い、 結果はホームページで公表する。
併せて青岸清掃センター(同市湊)の焼却灰の放射能濃度測定も今月から実施する。
市町村独自の測定は、 県内では新宮市に続き2例目。

 市環境政策課によると、 昨年12月の市議会で市独自の測定を行うよう要望があり、
放射能による問題が発生した場合に比較するデータが必要となるなどの観点から、
実施の準備を進めてきた。

 大気中の放射線量測定は、 市内中心部と東西南北に当たる加太小学校、 市立和歌山高校、
中之島小、 小倉小、 明和中の各付近で実施。 地表1㍍に設置の計測機器で30秒間の測定を
5回行った平均値を測定値とする。

 市内では県環境衛生研究センター(同市砂山南)が文部科学省の委託で常時測定をしており、
今後は市内6カ所の測定データが蓄積されることになる。

 青岸清掃センターは2月市議会での決議を受け、
今後、東日本大震災の被災がれきを焼却する可能性がある。


測定対象は焼却灰、 飛灰、 固化灰で、 表面放射線量の測定を月1回、
ゲルマニウム半導体検出器によるヨウ素131、 セシウム134、 137の
放射能濃度測定を年4回実施する。

 11日、 市職員2人が初の大気中線量の測定を行った。 最初の計測地点となった
明和中(同市紀三井寺)付近は毎時0・08マイクロシーベルトで、(※事故前の和歌山の放射線量は0.03マイクロシーベルト)
一般的に市内で想定される問題のない数値だった。

参照:和歌山新報 4月11日http://www.wakayamashimpo.co.jp/2012/04/20120411_11626.html
(赤字・※・下線は独自に装飾しています)




4月11日測定結果
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/touhoku_shinsai/hosyasensokutei/kekka.pdf

測定結果の表に、人工放射能と自然放射能が並べられてあり、
「自然界にも放射能は存在するので心配ない」
と受け取ってしまう方もいるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?

※人工放射能と自然放射能の違い

【人工放射線】
 最大の問題は、それを放射する元素が『体内に濃縮・蓄積する』こと。
つまり、これは『内部被ばく』において非常に重大な問題。

【自然放射線】も放射線としての性質(α線、β線、γ線)は【人工放射線】と変わりはないが、
人類は進化の過程で長い年月【自然放射線】と付き合ってきているので、
『内部被ばく』を受ける前にその元素を自然と体外へ排出させてしまうことができるようです。
しかし【人工放射線】は、ここ数十年で初めて人類が遭遇した元素のため、
自然に体外へ排出する作用が働かず、逆に「カルシウム」などと似ている元素の場合は、
間違えて体内に濃縮・蓄積させてしまうこともあります。


引用http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51734066.html


自然放射能と人工放射能を比べて「安心・安全」と言葉を羅列する事には
違和感を覚えます。


[ 2012/04/16 10:16 ] 国・自治体等の対応 | TB(0) | CM(0)

池田こみち氏 記念講演

子どもたちの未来と被ばくを考える会
        結 成 総 会






2012年4月14日(土)13:30~16:30
会場:あいあいセンター6Fホールhttp://www.mapion.co.jp/c/f?uc=4&pg=1&grp=w_fukushi&ino=BA555017
和歌山市小人町29番地(☎073-432-4704)
参加費:300円

13:30~ 結成総会
14:30~ 記念講演




「がれき広域処理の問題点」

講師:池田こみち氏(環境総合研究所副所長)


 講師プロフィール
関東学院大学経済学部非常勤講師、福島大学行政社会学部非常勤講師(環境計画論)、
環境省、JCA等の専門研修講師、茨城県、埼玉県、東京都港区、
東京都世田谷区等の自治体職員研修講師を歴任
専門分野:環境政策、環境計画、リスクコミュニケーション、英語通訳。          
主著書:「ダイオキシン汚染」(共著、法研)、「環境ホルモンとダイオキシン」(共著、ぎょうせい)、
「新・台所からの地球環境」(共著、ぎょうせい)など著書、論文、訳書多数



福島の原発事故により環境中に放出された大量の放射性物質。
子どもたちの健康に及ぼす影響は特に深刻です。これ以上余分な被ばくをさせないために、
様々な立場や考え方の違いを超えて繋がっていきましょう。子どもたちが希望を持ち安心して
生きられるよう、関心の輪、学びの輪、行動の輪を広げていきたいと思っております。


お問合せ先:「子どもたちの未来と被ばくを考える会」準備会 松浦 ☎ 073−451-5960






今週末という事で急ではありますが、お誘いあわせの上、
ぜひお越しください。
多くの皆様のお越しをお待ちしております。


http://savealivingthing.up.seesaa.net/image/C3A7C2B5C29020C3A6C288C29020C3A7C2B7C28FC3A4C2BCC29A2028C3A4C2BFC2AEC3A6C2ADC2A3C3A7C289C28829.pdf
[ 2012/04/08 09:41 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

震災がれき、現時点で受け入れ不可

震災がれき、現時点で受け入れ不可 和歌山県が国に回答
紀伊民報 4月7日(土)16時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120407-00000004-agara-l30

東日本大震災で発生した震災がれきの受け入れを求める国からの要請について、
和歌山県は回答期限の6日、現時点で県内には受け入れが可能な自治体はないとする
回答文を国に提出した。

 回答文書は5日付。県内自治体からの回答のほか、県が行った市町村に対する調査や
電話での状況確認から、現時点で県内での受け入れは不可能とした。

 県によると、6日時点で県に対し回答があったのは11市町で、いずれも「処理能力がない」
「焼却灰の最終処分ができない」「住民の不安を解消できていない」などの理由で、
受け入れ不可と答えた。県は具体的な市町名については公表していない。

 国は震災がれきの最終処分について陸上処分を方針としているが、印南町以北の
自治体は大阪湾の海面埋め立て処分場を利用している。そのため「現状では受け入れが難しい」
としている自治体もあり、県は国に対し、今後進展があれば連絡するとしている。






現時点での和歌山県下全市町村の回答は「受け入れ不可」とのことですが、
根本的な問題「がれきの広域処理」を国が撤回したわけではありません。
これからも継続的な行動が必要だと私たちは考えます。

放射性物質がもたらす健康への影響、環境への影響…
これからも一人でも多くの方に伝えられるように行動を続けます。
皆様これからもよろしくお願いいたします。



[ 2012/04/08 09:29 ] お知らせ | TB(1) | CM(0)

子どもたちの未来と被ばくを考える会の結成

和歌山市議会が東日本大震災で発生したがれきを受け入れの決議案を可決したことをうけ、
和歌山で活動していたいくつもの団体や個人がまとまり大きな力になろう!という気持ちで
一つの集まりを作りました。

子どもたちの未来と被ばくを考える会

福島第一原発事故によって環境に放出された放射性物質による被害、
特に子どもたちの健康に及ぼす影響について考え、これ以上、
子どもたちに余分な被ばくをさせないための活動を行うとともに、
子どもたちが希望をもって安心して生きられる未来をつくるため、
国のエネルギー政策の転換を求め、国や地方自治体に働きかけていきます。
                        ( 【会則第2条 目的と活動】より転載)

 

そしてこの会の結成集会を4月14日(土)に予定しております。
詳細は追ってお知らせします。急ではございますが皆様ぜひご参加ください。




この有事に際し、足並みをそろえ大きな力にという気持ちで結集しましたが、
放射能からいのちを守りたい集いin和歌山としての活動ももちろん続けて参ります。
これからもよろしくお願いいたします。
[ 2012/04/06 05:47 ] お知らせ | TB(2) | CM(2)

市長宛てに要望書提出

がれき受け入れに関する要請文が国から自治体に送られています。


「がれき受け入れ」文書で要請 首相名、4月6日までの回答求める
2012.3.16 19:43
 東日本大震災で発生したがれきの広域処理について、政府は16日、野田佳彦首相名で、
被災地と受け入れ表明した自治体を除く35道府県と10政令指定都市に協力を要請する
文書を出した。あわせて細野豪志環境相名の要請文も出し、4月6日までの回答を求めた。

 がれきの広域処理をめぐっては、平成5年の北海道南西沖地震で津波被害を受けた
北海道奥尻島の奥尻町が検討していることが16日判明。千葉市の熊谷俊人市長、
広島市の松井一実市長、新潟市の篠田昭市長が新たに受け入れる考えを表明したほか、
福井県議会は、受け入れを表明した市町の支援を県に求める決議を可決。
沖縄県恩納村議会もがれき受け入れを村に要請する決議を全会一致で可決するなど、
受け入れに向けた動きが広がりつつある。

参照http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120316/dst12031619450014-n1.htm

その回答期限である4月6日を前に、和歌山市長に要望書を提出しました。
まずはきちんとした説明を、市長と私たち住民との生の声のやりとりの場を設けることをお願いしてきました。
現在の国の体制、説明は本当に安全だといえるのか?
和歌山市の焼却場で放射性物質を本当に安全に処理できるのか?


皆さんの声をぜひ和歌山市に届けてください。

要望書サンプル
http://savealivingthing.up.seesaa.net/image/C3A5C292C28CC3A6C2ADC28CC3A5C2B1C2B1C3A5C2B8C282C3A9C295C2B7C3A5C2B9C2B3C3A6C288C29024C3A5C2B9C2B44C3A6C29CC28820C3A6C297C2A5.pdf

要望書は誰でもでも個人で出すことができます。
難しいものでなくても自分の思いを綴ったものでOKです!
提出先は和歌山市役所4階秘書課です。

その他問い合わせ先
和歌山市 一般廃棄物課:073-435- 1352
青岸クリーンセンター:073-433-6663
市長にメールhttps://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/shityou/message.html



ギリギリまで一人でも多くの皆様の声をよろしくお願いします!



放射能のついた震災がれきの受け入れに反対しています。
http://savealivingthing.up.seesaa.net/image/E694BEE5B084E883BDE3818CE3828CE3818DE58F8DE5AFBEE38381E383A9E382B7E38080E8BFBDE58AA0.pdf


本当に被災地瓦礫受入れOk?
http://ypp.sakura.ne.jp/okayama/wp-content/uploads/2012/03/wakayama_4c.pdf
[ 2012/04/06 05:39 ] お知らせ | TB(1) | CM(0)

署名のお礼

先に始めていました和歌山県知事・大阪府知事宛ての署名について

2時締め切きを迎え、本当に多くの方々にご協力頂きました。
感謝をいくら伝えても伝えきれません。
現在集計中、また、和歌山は今非常にデリケートな状況にあるため、
皆様に頂いた貴重なお声が逆効果になってしまわないように、
提出のタイミングを見計らっております。

今後の継続や詳しいことは追って報告させて頂きたいと思っております。

このブログから、ツイッターやfacebook、mixiから、金原メルマガから、
本当に多くの声を頂きました。
この場を借りて、厚く厚く厚くお礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。







和歌山市でのがれき受け入れについて、
今後さらなる協力を皆様にお願いすることになるかもしれません。

またこちらでお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[ 2012/04/04 07:21 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。