放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪府域における東日本大震災の災害廃棄物処理に関する指針」を策定しました

大阪府が汚染瓦礫の受け入れ、焼却処理に対する指針を発表しました。
まったく無意味な>自然放射能との比較、周辺住民や子供の被ばく線量計算までがのうのうの書かれています。

一般公衆の被ばく限度とされている1mSv/年 を厳守するためにはこれ以上の汚染は一切許されるべきではないと私は思っています。


関空付近の線量は12/28時点で0.13μSv/h(個人調べ)
これを年間に換算するともうすでに約1.1mSvになります。

どんなにわずかでも放射能に安心、安全はありません。
被ばくは足し算です。
 

私達や子ども達が被ばくを前提で瓦礫が受け入れらる、こんな馬鹿げた事があってなるもんですか。

年明け早々にも府にこの内容を問い合わせたいと思っています。




提供日  2011年12月27日
提供時間 14時0分


内容

東日本大震災により発生した災害廃棄物を府域において処理を行う場合に技術的な観点から必要な事項を定めた「大阪府域における東日本大震災の災害廃棄物処理に関する指針」を策定しました。
 本指針は、放射線の専門家により構成される「災害廃棄物の処理指針に係る検討会議」において検討された放射線に関して配慮すべき事項を盛り込んだものです。
 今後は、本指針をもとに環境省や岩手県と協議していくとともに、市町村等への説明を行い、協力を求めていきます。


【指針の主な内容】
○ 指針は、府域で災害廃棄物の処理を行うすべての者を対象。
○ 処理の対象とする災害廃棄物は、可燃廃棄物とし、不燃廃棄物や津波堆積物等は対象としない。
○ 対象とする放射性物質は、セシウムとする。
○ 周辺住民や作業者が受ける線量限度は、年間1ミリシーベルトを下回ること。
○ 受入廃棄物の濃度の目安を1キログラム当たり100ベクレルとし、焼却灰の濃度の目安を1キログラム当たり2,000ベクレルとする。
○ 被災地から府域への運搬は、密閉式コンテナを用いること。
○ 焼却処理は、バグフィルターが設けられている施設等で行うこと。
○ 管理型最終処分場で埋立処分すること(水面における処分については、今後検討)。
○ 処理状況や測定結果については速やかに公表。


大阪府域における東日本大震災の災害廃棄物処理に関する指針 

http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=9078
スポンサーサイト
[ 2011/12/29 18:48 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

瓦礫受け入れについて医師の立場からの意見書

申し入れ書はこちら↓

http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/12/c1a973770ad3a28000054a899b4091a51.pdf




瓦礫受け入れについて医師の立場からの意見書が大阪府知事、大阪市長に提出されました。


※引用
●少なくとも食べ物が 10Bq/kg 以下にすべく対策を講じるべきである。
内部被曝はセシウムだけでなく α 線、β 線核種の危険の方が大きい。
統計学的データを待つべきではない。


●バンダシェフスキー教授は豊富な実験データを提示し、セシウムの量は年齢、性別、その臓器の
機能的状態により異なることを明記したうえで、「子どもの臓器と臓器系統では、
50Bq/kg 以上の取りこみによって相当の病的変化が起きている。しかし、10Bq/kg 程度の
蓄積でも様々な身体系統、特に心筋における代謝異常が起きることが報告されている。」
という指摘を行っている

●土壌汚染から東京もすでに危険域になっている


その他内部被ばくと外部被ばくの違いの図説やセシウム以外の危険な核種も瓦礫を汚染している事、
対策や避難支援、除染作業員の内部被ばくへの言及、復興にむけての国の課題までが非常に明瞭な意見で私たちに大きな支えになる内容です。

大阪府知事、市長、これをどう受け取りますか?




[ 2011/12/28 08:11 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

ニュース記事

ニュース記事の保存



元URL
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111226-OYT1T00825.htm?from=tw

世田谷で原発由来ストロンチウム89…3月採取

東京都世田谷区で今年3月に採取された大気中から、東京電力福島第一原子力発電所の事故で飛散したとみられる放射性物質のストロンチウム89が検出されたことが26日、都への取材でわかった。


 文部科学省によると、ストロンチウム89が検出されるのは関東地方では初めて。

 都は3月15日に同区の都立産業技術研究センターで大気を採取し、浮遊物質の詳細検査を実施。その結果、1立方メートルあたり0・1ベクレルの微量のストロンチウム89を検出したという。ストロンチウム89は半減期が50日と短いため、原発事故由来とみられる。半減期が約30年のストロンチウム90は、すでに都内や横浜市で微量ながら検出されていた。ストロンチウムは体内に取り込まれると骨に蓄積されやすいが、都は「ごく微量なので人体への影響はない」としている。

(2011年12月26日16時06分 読売新聞)http://tl.gd/euqda8 Reply
Report post (?)






最上町は東日本大震災で被害を受けた宮城県松島町の要請に応え、被災した小型漁船のがれき36トンの受け入れを今月9日から始めた。20、26日も実施し、計3回に分けて搬入される予定。近海で使用する1トンクラスの漁船約36隻分に相当し、現地で破砕してから最上町に搬入され、同町内の民間業者が焼却処分を行う。
2011年12月14日 20:09

                                        

http://yamagata-np.jp/news/201112/14/kj_2011121401361.php
[ 2011/12/27 08:34 ] ニュース記事 | TB(0) | CM(0)

木下黄太講演会in和歌山市 福島第一原発事故後の今

『木下黄太講演会in和歌山市 福島第一原発事故後の今』

◎日時: 1月7日(土)午後1時半~3時半(受付開始1時~)

◎場所:和歌山市男女共生推進センター 6階ホール

〒640-8226
和歌山市小人町29番地(あいあいセンター内)
TEL 073-432-4704

http://www.city.wakayama.wakayama.jp/bunka-sisetu/danjo/index.html

◎会費: 1人500円(中学生以上) お釣りのない様にお願いします。

◎定員: 153名

◎申込: お問合せやご予約(1.お名前、2.住所、3.参加人数(お子さまを含む)、4.電話番号)はメールでお願いします
wakayama1008children@gmail.com


*託児はございませんが、お子さま連れでのご参加も大歓迎です。会場の隣に自由に出入り出来る子ども室があります。授乳、オムツ替え、お子さまの休憩や泣き止まない時にご利用下さい。

◎主催: 和歌山避難者の会

[ 2011/12/24 08:39 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

抗議文提出を!子どもの基準をより厳格に設定すべき!!

厚労省の食品の放射性物質新基準案に反対して、5団体(フクロウ・FoE・美浜の会・グリーンアクション・グリーンピース)より抗議文が発出されました。

皆さんからも、短くてもいいので、抗議文を送ってください。
全国のお母さんたちも抗議しています。
よろしくお願いします!



抗議先:厚労省 
電話(代表):03-5253-1111 (内線)7142 大臣官房総務課広報
FAX:03-3595-2394

*************************

厚労省の食品の放射性物質新基準案に反対する

食品による内部被ばくだけで1ミリシーベル基準は高すぎる
外部被ばくを含めた1ミリシーベルトの遵守を
子どもの基準をより厳格に設定すべき

 食品に含まれる放射性物質の基準値について、厚労省は、放射性セシウムの基
準値を、「一般食品」は1キログラム当たり100ベクレル、「乳児用食品」と
「牛乳」は同50ベクレル、「飲料水」は同10ベクレルとする新基準値案をま
とめ、22日の薬事・食品衛生審議会の部会で提示すると報道されている。
政府が、現在のあまりに甘い暫定基準値をここまで長期に適用したことは、大き
な問題である。
 また、新基準値設定にあたり、放射性セシウムによる年間被ばくの許容上限を
暫定基準値の「5ミリシーベルト」から「1ミリシーベルト」へ引き下げるとい
うことだが、この基準案には以下の問題がありとても認められるものではない。

・食品の放射性セシウムによる年間被ばくを1ミリシーベルト以下に抑えるだけ
では、トータルな被ばくを1ミリシーベルト以下に抑えることはできない。放射
性セシウム以外にも、放射性ストロンチウム、放射性ヨウ素やウラン、プルトニ
ウム等による内部被ばくがあり、それに加えて外部被ばくがある。これらを合せ
て年間1ミリシーベルト以下に抑えなければならない。ストロンチウムやプルト
ニウムは「測定が困難」として、セシウムに換算していると報道されているが、
これら健康影響の大きい核種について、独自の基準を設けるべきである。

・食品安全委員会の食品による健康影響評価は「追加的な被ばくを食品のみから
受けたことを前提に」したものであり、現状ではこの前提は崩れている。外部被
ばくだけをとっても、既に1ミリシーベルトを超えている地域が多く存在するこ
と、福島周辺では、放射能雲(プルーム)やホコリの吸い込み、食品を通じた内
部被ばくが明らかになっており、子どもたちにこれ以上の余分な被ばくをさせて
はならないことから、食品による内部被ばくは極力ゼロに抑えなければならない


・給食では40ベクレルを事実上の基準値として運用する動きがあるが、それに
比べても緩い基準である。

・チェルノブイリ周辺国であるウクライナでは、主食のじゃがいも60ベクレル

野菜40ベクレルなど、日常的に食するものについてより厳しい基準を設けてい
るが、そのような措置をとろうとしていない。

・一般食品の基準値は、全ての年代で同等に設定されている。また、乳児食品の
基準値は一般食品の2分の1にしかすぎない。子どもが大人よりも放射線に対す
る感受性が高く影響が大きいことは常識といってもよく、原子力安全委員会も考
慮するよう求めているが、厚労省案はこれを十分反映したものにはなっていない


・食品の基準値は、子どもをもつ母親をはじめ、多くの人の関心事であるが、公
開の場での検討が十分なされているとはいえない。

 以上の点を踏まえ、現在の暫定基準値の一刻も早い抜本的な見直しを行うべき
である。

2011年12月22日
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館405 共同事務所AIR TEL/FAX 03-5225-7213

国際環境NGO FoE Japan
東京都豊島区池袋3-30-8-1F TEL 03-6907-7217 fax 03-6907-7219

グリーン・アクション
京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952

美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階 TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581

グリーンピース・ジャパン
東京都新宿区西新宿 8-13-11N・Fビル2F TEL 03-5338-9800 FAX03-5338-9817
[ 2011/12/23 07:10 ] お知らせ | TB(0) | CM(2)

和歌山県への申し入れ●報告●

食の安全シンポジウム
  放射性物質の食と健康への影響について

近畿大学原子力発電研究所 所長・教授             伊藤哲夫 氏

内閣府食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション専門官  久保純一 氏
 
和歌山県食の安全県民会議 委員長
 近畿大学生物理工学部食品安全工学科 教授          泉 秀実 氏

和歌山県食の安全県民会議 委員
 和歌山県生活協同組合連合会 会長理事            尾添 仁 氏

紀の川市教育委員会社会教育委員 委員長            三國和美 氏

和歌山県環境生活部生活衛生課 課長              川崎英直 氏



以上のパネラーで11月21日、22日に県が主催し、食の安全シンポジウムが開催されました。

が、内容はひどく偏っており、全員が「国の暫定基準値は【絶対に安全】だと何回も大きな声で言い切るような場でした。

配られた資料もやはり偏りがみられ、「食の安全」を学びたい参加者からすると酷く憤りを感じる内容、また広く誤解を与えかねない内容であった為、今回いくつかの問題点をまとめ、主催である県に申し入れを行いました。







申し入れ内容
・食の安全シンポジウムの目的を明らかに
・講師の選定理由
・瓦礫受け入れ問題

大きくは上記の内容について申し入れました。
後日文書にて回答を頂けるとの事なので詳しくはその際に。









私は申し入れに行くと必ず聞くことがあります。
世界の原発の排水基準値をご存知ですか?
市の担当者、県の担当者、議員さん、答えられたひとは今まで一人もいない。
世界の原発排水基準 40bq/l 
そして日本の乳児の飲水基準値は90bq/l
これで何を安全と理解しろというんだろ。

4月1日から施行される新基準値では乳幼児の飲水基準値は10bq/Lになると今日の申し入れの相手が誇らしげに言っていた。(牛乳・食品は50bq/kg)

※飲水基準値比較
 アメリカの法令基準 0.111   bq/L
 ドイツガス水道協会 0.5
 ウクライナ     2


でも一日水1Lだけで過ごすわけがない。
野菜も食べる、空気も吸う。
いつも思う。なぜ「被ばくは足し算」だという事が無視されるのだろ。

国は「基準値を下げただけ」になってしまわないか凄く不安。
除染に全力で取り組む=汚染対策に前向きに取り組んでます!!アピールに思えるのと同じで。

ちなみに新基準値では乳児用の食品、牛乳は50bq/kgになります。
子どもは成人の10倍の影響を受けるらしいので50Bq/kgはやはり高すぎ。
1Bq/kg以下が妥当。
この基準値は決して誇らしげに声を上げれるような安心できるような値ではないと思っています。
また、福島や汚染の酷い地域ではこの基準値をどうやって守っていくの?
何も明確にされないまま数字だけが独り歩きし、日本の食べ物は安全だという神話がまた拡大しないかという事が気ががりです。



1989年以降一般公衆の許容線量は外部内部あわせて1mSvでした。
【日本は年間被ばく限度を5mSvとし、五つの食品群に1mSvを割り当て、各食品群で乳幼児がセシウムで汚染された食品を食べ続けても、内部被ばく線量が年間1mSv以下になるよう設定】

先日野田総理から「事故収束宣言」がだされましたが、私たちの強要させられる被ばく量は決して事故前のものには戻りません。基準値も戻っていません。
これからが本当に私たちが声をあげていかなければならない時なのだと感じました。









[ 2011/12/23 05:40 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

瓦礫受け入れ自治体一覧

↓↓↓
瓦礫受け入れ自治体一覧
↑↑↑

問い合わせ・抗議先
みんなで抗議しましょ!!

大阪府        06-6210-9568
大阪市        06-6630-3284
維新の会       06-6120-5581
近畿地方環境事務所  06-4792-0702
関西広域連合
 広域環境保全局   077-522-5664

秋田県大仙市     0187-63-1111

静岡県島田市市役所  0547-36-7145
全国茶生産団体連合会 03-5259-5671
島田市茶商組合    0543-36-6522

三重県三田市     三田市HP問合せフォーム

京都府 相楽東部広域連合 0774-78-0120 
             京都府HP





[ 2011/12/21 00:58 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

でんでん虫つうしん~創刊号~

放射能やエネルギーのこと 知って学んで伝えたい
でんでん虫つうしん創刊号

[ 2011/12/21 00:30 ] 手作りチラシ | TB(0) | CM(0)

和歌山県への申し入れについて!!




11月21日、22日に開催された和歌山県主催の
「食の安全シンポジウム」(御用シンポ)について県へ申し入れを行います!


日  時   2100年12月22日(木) 午前10時集合厳守
集合場所   和歌山県庁正面玄関
申入団体等   放射能から子ども・いのちを守りたい有志一同






伊藤哲夫氏(近畿大学原子力研究所長・日本原子力学会理事)
をメイン講師に招き、「放射能による人体の影響について」という
テーマで開催されました。

講演内容は、福島原発事故の過小評価にはじまり低線量被爆について100ミリシーベルト
以下なら安全、食品基準についても国の基準が

絶対安全です、安全です。

と宣言するなど、極めて客観性・公平性に欠ける
発言がありました。

また放射性瓦礫の受け入れに関する質問回答としては、

「一定の安全性が確保できれば受け入れるべき」

との発言など、県の現時点での
見解と相違する発言があるにも関わらず、県として結果として講師発言を
黙認することなど、極めて問題認識を持つ内容のものでありました。

私たちは、これに対して、県への申し入れを下記のとおり行うこととしました。
直接県に意思を伝えられる機会です!
ご都合の良い方は是非ご参加を!!


 
[ 2011/12/19 15:20 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

大坂瓦礫受け入れチラシ●大阪ver・和歌山ver

大坂の瓦礫受入に危機感をもったお母さんが作ってくれました。
「ゆるく」をポイントに読みやすく仕上げて下さってます!
どうぞご自由にお使いくださいとのことです。

↓↓
大坂瓦礫受け入れ反対チラシ 大阪ver
和歌山ver

最新版
和歌山verhttp://okasano.up.seesaa.net/image/E5A4A7E998AAE3818CE3828CE3818D120110.pdf

大阪府三田市ver http://okasano.up.seesaa.net/image/E4B889E794B0E5B88220120110.pdf
[ 2011/12/19 15:02 ] 手作りチラシ | TB(0) | CM(0)

みんなでおしゃべり会**no nukes**

●●●●●●●

みんなでおしゃべり会*no nukes*
12/11(日) 14時~16時
児童女性会館 3F 和室
和歌山市岡山丁4番地
TEL 0734240339
参加費 100円




和室なので小さい子供OK 食べ物持ち込みOK
原発、放射能、汚染瓦礫、食物汚染…
普段不安な事、心配な事を皆で話し合いませんか?
同じ仲間がいる事で少しでも支えや力になれば…
そんな事をおしゃべりする会です。
そしてまた次に繋げられるように。
気軽に参加してください。


●●●●●●●



先日、上記の集まりを呼び掛けさせていただき、
何十年も反原発運動をされてきた方々、関東から避難されているお母さん、
福島から避難されているお母さん、県境を越えてご参加下さった方など、
本当に多くの皆さまにお集まりいただきました。


ネットの社会の情報量や伝達の速さは凄まじいです。
故に「情報過多の中で消化不良に陥っている人もなきにしもあらず」ではないでしょうか。。

普段の学習会や講義は、小さい子供連れの母親にはなかなか大変な場です。
今回は、和室で小さい子供もOK、飲食可で、今まで学習会や講義には足を踏み入れ辛かった方々
にも気軽に是非参加してもらいたいという思いがありました。


時間中は自由に思い思いの事を色々な相手とお話ししました。
子どもの健康の事、食事のこと、汚染瓦礫の小粋処理についてなど。
それぞれがそれぞれに日頃の不安を話し合えて、特別な解決策を見つけたという事では決し
てないですが、少なくとも私には大変心強い支えを得た時間でした。


ご参加頂いた皆様、ご協力頂いた方々、どうもありがとうございました。




福島から避難されているお母さんが避難の記録を出版されるそうです。
詳細が決まり次第お知らせします。


[ 2011/12/19 14:10 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。