放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夢洲で最終処分 問題なし

元記事 http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2004999281.html

---------引用開始----------

大阪府と大阪市は岩手県の被災地で出たがれきを受け入れて、
その焼却灰を大阪湾の人工島・夢洲で埋め立て処分する方針ですが、
これについて環境省が

「夢洲で処分しても海中に漏れ出す放射性物質の濃度は
国の基準を大きく下回り、安全上、問題ない」
という見解をまとめたことがわかりました。


岩手県内の被災地で出たがれきの受け入れを表明している大阪府と大阪市は
がれきを燃やしたうえでその灰を夢洲で最終処分する方針を固めていますが、
大阪湾への影響について環境省に安全確認を求めていました。
これに対し環境省は、放射性物質の濃度が大阪府の独自の基準を満たしている焼却灰を
年間に数万トン、水中に直接沈める方法と陸地部分に埋め立てる方法で夢洲で処分した場合、
周辺の海水中にどの程度、放射性物質が漏れ出すか試算していました。

関係者によりますと
いずれの方法でも国が定めた安全基準を大きく下回る結果が
出た

ということです。
このため環境省は「夢洲で焼却灰を処分しても安全上、問題ない」という見解をまとめ
近く府と市に示すことにしています。

これを受けて府と市は、実際に処分する焼却灰の量や方法を環境省と協議したうえで、
被災地のがれきの受け入れを正式決定するとみられます。

これについて大阪市の橋下市長は記者団に対し、
「被災地がとにかく少しでもいいから処理してくれと、それが復興につながるんだという
ことであれば、安全性がきちんと確認されることが前提だが、しっかり受け入れていきたい。
住民への説明会を開き、私がきちんと説明したいと思っている」と述べました。

05月09日 19時54分

----------引用終了------------



夢洲の北港処分地はフェニックスと同じく海面投棄型です。
この処理方法が「安全」だという事になると、
フェニックスでの処理も安全だという事になりかねません。

和歌山市が現在ガレキの受け入れを足踏みしているのは
焼却灰の処分がフェニックスによる海面埋め立てである
ということが大きな理由の一つです。


この問題がクリアになれば一気に流れ込む可能性も考えられます。

また、大阪での焼却は決して他人事ではありません。

関連記事
http://www.asahi.com/politics/update/0509/OSK201205090015.html

5月9日登庁時市長囲み会見
http://www.asahi.com/politics/update/0509/OSK201205090015.html


北港処分地
http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000008765.html

問い合わせ先
◆大阪市環境局施設管理課
電話:06-6630-3353 Fax:06-6630-3582
スポンサーサイト
[ 2012/05/09 21:17 ] ニュース記事 | TB(1) | CM(1)

岩手県宮古市のがれき焼却試験、最大で3150 ベクレルを記録!

和歌山市ががれきを受け入れる場合、岩手県のがれきを受け入れる事になります。
今回明らかになったこの数値は決して汚染の少ないものではありません。
このような物を拡散、ましてや焼却など、決して安全なものではありません。
焼却灰にこれだけの濃度が出て、大気中には一体どれだけの放射性物質が拡散されたのでしょうか。


元URL:http://www.otonano-kaisha.com/news_NDmiTQY1e.html

■全国に放射能がれき拡散中
中東日本大震災のがれき受入れを検討している群馬県吾妻郡は吾妻東部衛生センターで
受け入れに向け焼却試験を実施中である。

この焼却試験において、2012年4月12日に飛灰から
1キログラム当たり3150ベクレルの放射性セシウムが検出された。
a1137ff3f66347f9bb907ab4830ef39d.jpg


国の埋め立て基準値である同8000ベクレルを下回るとはいえ、
低いといいきれる値ではない。

これだけの放射性セシウムが含まれた焼却灰が今後も大量に生産され、埋め立てが行われるということである。


■東京都のがれき焼却灰は2000ベクレル超
焼却灰は当然、法に従って処分される。8000ベクレル以下であれば埋め立て可能である。

しかし、放射性セシウムの濃度が薄いといっても大量のがれきが搬入されれば、
焼却灰も大量に生産される。

受入れを開始している東京都の新江東清掃工場では、3月19日から3月31日まで
処理を行った「がれき」の飛灰から1キロ当たり2166ベクレルの放射性セシウムが検出されている
ことを4月9日に公表している。


d6b528c3ec67bd3c6a54fd5c1a0d533e.jpg


8000ベクレルに満たないので、制度上は埋め立てても問題はない。
しかし、その量が膨大であるとき、何か問題はないのであろうか。

この8000ベクレルという基準値についても、埋め立て作業を行う
作業員への被ばく量を考え設定されたものだという意見もある。

焼却灰の埋め立て地が浸水し、その水によって基準値を超える放射性セシウムに
濃縮される可能性を指摘している環境問題シンクタンクもある。

焼却灰が基準値以下とはいえ、数千ベクレルである。

このような放射性セシウムを全国に拡散させることが本当に正しいことであったのか、
今でも批判の声は大きい。

【naka773】


放射性物質濃度分析結果 - agatsumatoubueiseisenta ページ!
http://www.agatsumatoubueiseisenta.jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E6%BF%83%E5%BA%A6%E5%88%86%E6%9E%90%E7%B5%90%E6%9E%9C/

新江東清掃工場での災害廃棄物受入れに伴う放射能濃度等測定結果について
http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/kanri/haiki/kumiai/oshirase/syoukyakusokutei/documents/shinkoutou0409.pdf

朝日新聞デジタル:がれき広域処理 妥当性に疑問呈す-マイタウン
http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001204160006
[ 2012/04/16 20:57 ] ニュース記事 | TB(0) | CM(2)

ニュース記事

ニュース記事の保存



元URL
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111226-OYT1T00825.htm?from=tw

世田谷で原発由来ストロンチウム89…3月採取

東京都世田谷区で今年3月に採取された大気中から、東京電力福島第一原子力発電所の事故で飛散したとみられる放射性物質のストロンチウム89が検出されたことが26日、都への取材でわかった。


 文部科学省によると、ストロンチウム89が検出されるのは関東地方では初めて。

 都は3月15日に同区の都立産業技術研究センターで大気を採取し、浮遊物質の詳細検査を実施。その結果、1立方メートルあたり0・1ベクレルの微量のストロンチウム89を検出したという。ストロンチウム89は半減期が50日と短いため、原発事故由来とみられる。半減期が約30年のストロンチウム90は、すでに都内や横浜市で微量ながら検出されていた。ストロンチウムは体内に取り込まれると骨に蓄積されやすいが、都は「ごく微量なので人体への影響はない」としている。

(2011年12月26日16時06分 読売新聞)http://tl.gd/euqda8 Reply
Report post (?)






最上町は東日本大震災で被害を受けた宮城県松島町の要請に応え、被災した小型漁船のがれき36トンの受け入れを今月9日から始めた。20、26日も実施し、計3回に分けて搬入される予定。近海で使用する1トンクラスの漁船約36隻分に相当し、現地で破砕してから最上町に搬入され、同町内の民間業者が焼却処分を行う。
2011年12月14日 20:09

                                        

http://yamagata-np.jp/news/201112/14/kj_2011121401361.php
[ 2011/12/27 08:34 ] ニュース記事 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。