放射能から命を守りたい集いin和歌山

日々深刻さを増す放射能による大気汚染・食物汚染…そんな全てから大切な人の命を守りたいという思いから立ち上がったみんなの集いの場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わかやま新報

先日の署名提出の様子をわかやま新報様が記事にして下さいました。

コチラ→わかやま新報 5月9日 一面

ーーーーー引用開始ーーーーー
市民団体 「放射能から命を守りたい集いin和歌山」(湯浅友美代表)は7日、
東日本大震災のがれきの広域処理について、 和歌山市で受け入れないよう求める要望書と署名簿を、
大橋建一市長宛てに提出した。
同団体は、放射能から日々の生活を守るにはどうすればよいかという悩みを
共有する子育て中の母親らが昨年12月に結成し、 勉強会などを重ねてきた。

 3月22日に市議会ががれきの受け入れを決議したことを受け、
翌23日から受け入れ反対の署名活動を始め、 4月30日までに集めた1403人分の署名簿とともに
要望書を提出した。

 要望書では、 放射能に汚染された震災がれきは拡散させないのが原則であり、
高い放射線量の中で暮らす福島の子どもたちを助けることを優先すべきと主張。
そのためにも和歌山市のような 「非汚染地域」 を残さなくてはならないとし、
がれきを受け入れないよう求めている。

 湯浅代表ら11人が市役所を訪れ、 環境事業部や一般廃棄物課の幹部職員と面会し、
要望書と署名簿を手渡した。

 市側は、 最終処分場を持たない市が現時点でがれきを受け入れることはなく、
関西広域連合が検討している大阪湾広域臨海環境整備センター(フェニックス)での
焼却灰受け入れ問題に結論が出なければ、 市として検討を始める段階にはないと説明した。


ーーーーー引用終了ーーーーー




大変明快にまとめて頂き、感謝いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

[ 2012/05/09 08:57 ] お知らせ | TB(1) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/09 10:53 ] [ 編集 ]
匿名様
いつもありがとうございます。
この新聞でひとりでも多くの方に事態を知っていただければ…わかやま新報さまには感謝です。
おっしゃるように、現時点ではフェニックスがストッパーとなり、今すぐの受け入れということはないと思いますが、言い換えれば「フェニックスの問題がクリアになれば一気に流れ込む」といった印象を受けています。去年から基本的な姿勢は変わっていませんが、あの決議以来、言葉の節々に好ましくない気配を色々と感じています。
今日のニュースの「大阪府は夢洲にある北港処分場での焼却灰の埋め立て方針を固めた」という記事はご存知でしょうか?国はこの海面投棄型の処分場で問題なしとしたそうです。
厄介なことになってしまいましたね…
[ 2012/05/09 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

まとめtyaiました【わかやま新報】
先日の署名提出の様子をわかやま新報様が記事にして下さいました。コチラ→わかやま新報 5月9日 一面ーーーーー引用開始ーーーーー市民団体 「放射能から命を守りたい集いin和歌山
[2012/05/12 09:45] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。